サムライインキュベートに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム業界ニュース記事

投資ソーシャルカジノアプリ 840839

検索 画像 Play Gmail ドライブ カレンダー 翻訳 Blogger もっと見る フォト ドキュメント。

株式会社サムライインキュベート

イスラエル、テルアビブ発 — 多くの投資家は今でもゲームへの投資を恐れている。ヒット作を見つけるのが難しいからだ。しかし、あるイスラエル人投資家はゲームの可能性を検証すること、そしてこれまで行ってきたことを繰り返すことのできる最適なチームを見つけることでこの問題を克服したと語ってくれた。

Texas Hold’em

Giantが主導する中国企業のコンソーシアムが、イスラエルのヘルツリーヤに拠点を置き、 Caesars Interactive Entertainment の傘下にあったソーシャルカジノゲーム企業のPlaytikaを買うために44億ドルを払うことを決定した。 韓国のNetmarbleも 43億ドル で買収を狙っていたと噂されていたが、他の入札者が現れたのだ。 コンソーシアムに含まれるのは、Giant、Alibaba Group Holdingの創業者Jack Ma氏が創業したプライベートエクイティファームのYunfeng Capital、China Oceanwide Holdings Group Co。

[カジノ王国徹底解説] 大人気カジノゲームアプリ、カジノ王国とは?

企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら。 コンプリートガチャ(コンプガチャ)問題で揺れる日本のソーシャルゲーム。ゲームで獲得できる仮想カードをオークション(競売)サイトなどを通じて現金化できる リアルマネートレード (RMT)問題や、どこまで射幸性が許されるのかという課題が突きつけられている。 このオンラインギャンブルの禁止も 仮想空間 から企業が撤退する原因となり、セカンドライフのブームを終わらせる大きな要因になった。自由にサービスを提供できる空間に金銭の取引がうまれると、そこには自然と射幸性をあおるギャンブルが発生してくる。 天気 プレスリリース検索。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*