カジノ大手ゲンティン サムライ債で200億円調達

ランドカジノ大手ゲンティン 113971

ラスベガス・サンズの詳細はこちら: 日本進出の噂もある世界のカジノ・IR企業「ラスベガス・サンズ」とは?

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

ラッシュ・ストリート は、億万長者として知られる不動産開発者 ニール・ブルーム と金融業界で著名な グレッグ・カーリン の共同経営によって設立された。立ち上げは半ば。 米ラスベガスに本社を置く MGMリゾーツ・インターナショナル は、ベラージオ、MGMコタイ、マンダレイ・ベイなど、世界に27以上のカジノホテルをもつカジノリゾート運営会社。 カーク・カーコリアンが年に創業してから十数年たった年5月にて、MGMグランドとミラージュ・リゾーツが合併し、現在はCEO ジェームス・J。

世界の大手カジノ企業を11社ピックアップ!どんな事業?CEOは誰?

現在位置: トップ 政策・市況 海外情勢 ニュース詳細 政策・市況 総合トップ 国内 海外情勢 市況 フォト。 マレーシアに映画の巨大テーマパークが誕生する。同国のカジノ大手ゲンティン・グループは、マレー半島中部パハン州にある同社のリゾート施設集積地ゲンティンハイランドに今後10年間で50億リンギット(約1600億円)を投じ、新施設の建設や宿泊施設の拡張などを行う。  計画の目玉は米映画会社との提携で建設する総工費10億リンギットの「20世紀フォックス・ワールド・テーマパーク(仮称)」だ。映画テーマパークは日本やシンガポールなどで展開するユニバーサルスタジオがあるが、20世紀フォックスのテーマパークは世界初。現地英字紙スターなどが報じた。  同テーマパークは、2013年9月に閉園した屋外遊園地の跡地を含む約10万平方メートルに25~30の乗り物やアトラクションを備える予定。乗り物やアトラクションは「アイスエイジ」「エイリアン」「リオ」など米20世紀フォックスの映画作品をもとにした内容になるという。 「世界に類を見ない施設にしたい」。 狂気をはらんだ母性、描き出したかった 映画「オンリー・ゴッド」 ニコラス・ウィンディング・レフン監督インタビュー 中川翔子、映画初主演 「ヌイグルマーZ」誰よりもヒーローを理解 大ヒットコメディー 映画「なんちゃって家族」 カンヌ映画祭 開幕は「グレース妃」 フェイスブックCOOの回顧録 映画化へ。 関連ニュース 昨年の映画興収、邦洋とも上位はアニメがずらり ゼロ戦の特攻隊員として散華した祖父 映画「永遠の0」 ユニバーサル「47RONIN」 大赤字? 語ることがなければ消えてしまうのです 映画「フォンターナ広場 イタリアの陰謀」 マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督に聞く 全世界で7000万部を突破 映画「ハンガー・ゲーム2」 女性の視点から描きました 映画「皇帝と公爵」 バレリア・サルミエント監督インタビュー 答えよりも問いかけの多い作品 映画「ザ・イースト」 エレン・ペイジさんに聞く 北米興収 ホビット続編がトップ守る おもてなしと和食の魅力満載 映画「武士の献立」ロケ地、石川県の旅 車に隠れながら撮影指示 映画「少女は自転車に乗って」 ハイファ・アル=マンスール監督インタビュー。 一覧 に遷移する。

ゲンティン・マレーシアにとっては費用高騰もハイランドテーマパークは20年第3四半期のオープンに向けて順調

マレーシアの統合型リゾート、リゾートワールド・ゲンティン RWG の経営陣は、カジノ事業者大手のゲンティン・マレーシアにとって費用の高騰が懸念材料になっているものの、待望の屋外テーマパークが20年第3四半期までのオープンに向けて順調に進んでいることを認めた。 RHBのアナリスト、Lee Meng Horng氏とLoo Tungwye氏は、以前はゲンティン・ハイランドとして知られていたリゾートワールド・ゲンティンで開催された投資家デーの後で「経営陣は、 我々の想定と同じように 屋外テーマパークが20年第3四半期までにオープンできることを確信しており、現在昨年停止されたプロセスを再開していると述べた。しかしながら、完成の度合い、そして過去数か月間の積極的なスタッフの雇用から判断して、予定より早いオープンの可能性について考える必要がないとは思わない」と述べた。 メイバンク投資銀行のSamuel Yin Shao Yang氏によると、そのようなシナリオではいずれにしてもまずは、全ての乗り物を徹底的にテストし、フォックス・ディズニーが最終的な認証を与えるられるようにするために、ゲンティン・マレーシアは20年第1四半期までにテーマパークの建設作業全てを完了させる必要がある。 しかしながら、テーマパークの完成にかかる費用もまた高騰することが予想されており、Yin氏は、「ゲンティン・マレーシアはこれまでに支出したおよそ30億リンギット 億円 に加えて、この屋外テーマパークの完成にさらなる資本的支出が発生することを予測しているが、まだどれくらいになるかは数値化されていない」と付け加えた。 一方で、RWGはテーマパークがオープンすれば需要に応えられるだけの客室数が用意できておらず、現在ある16,室のほぼ倍の数が必要になると、グランド イオン デレメン ホテル ゲンティンハイランド のジャック・リム支配人は語る。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*