【焦点課題】パラダイスセガサミー 常務 日本市場企画運営本部長 青山茂樹氏に聞く

オンラインの基礎セガサミー日本カジノ 95199

IR法案が年に可決され、将来的に日本国内で大々的なカジノ事業が始まることは、すでにほぼ確定しています。日本は賭博行為(ギャンブル)を禁止していて、公営ギャンブルだけが例外的に認められる賭博行為で、それ以外は名目上存在していません。 しかし、「日本におけるギャンブル」というとやはりパチンコ、パチスロが筆頭でしょう。あくまでも「遊技」という位置づけでギャンブルではないという認識のグレーな存在ですが、これを除いて日本のギャンブルを語ることはできません。

日本企業が入るのであれば、候補は2つの企業

IRとは「Integrated Resort」の略であり、直訳すると「統合型リゾート」です。メディアなどでもIR(統合型リゾート)と表記している例が多いと思います。統合型リゾートとは具体的には以下のような設備が一体となった複合施設のことを指します。 IRに関しては前記したメリットだけではなく、デメリットとして考えられている事もあります。 デメリットとして語られる事が多いテーマとしては様々なケースがありますが、一番大きく指摘されている点がギャンブル依存症が増加するという点です。 他では、実際にカジノを開いてみたは良いものの、人が全然来ないという状況もあり得るという事も指摘されています。 前述の通りIRには様々なメリット・デメリットがありますが、日本国内においてはそもそもカジノが法律で禁止されているため、IRを誘致できずにいました。しかし経済的に大きなメリットがあることを鑑み、年に「統合型リゾート IR 整備推進法案」が成立したため、これをきっかけに、日本国内でもカジノが解禁される道が開かれました。 とは言え「統合型リゾート IR 整備推進法案」は、今後のIRの運営方針を定めるものであり、具体的にいつ・どこにIRをするかは決定していません。今後はカジノを運営するうえでの細かいルールを法律で定めた後、IRを誘致するという流れです。 カジノ・IRニュース カジノ関連のニュースでよく聞く「IR(統合型リゾート)」とは?基礎知識や日本誘致に関して紹介します TheDice 編集部 0 。

参入表明している外資カジノ企業

感性を解き放つドラマティックリゾート PARADISE CITYAimated SVGAimated SVGAimated SVGAimated SVG。 香港カジノ大手のメルコリゾーツ&エンターテインメントのローレンス・ホー会長兼最高経営責任者(CEO)は、日本でのIR建設に、大都市での計画であれば、億ドル(約1兆円)超の投資を検討していると表明している。 メルコリゾーツ&エンターテインメントは、マカオで、シティー・オブ・ドリームス、スタジオ・シティ、アルティラ・マカオ。フィリピンで、シティ・オブ・ドリームス マニラなどを手がける企業。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*