ブラックジャックを攻略!基本ルールや遊び方・必勝法を徹底解説

カジノの特徴ブラックジャックの遊び方 91691

ブラックジャックにおける勝負の明暗は、カードをさらに引く「ヒット」、その時点のカードで勝負する「スタンド」のどちらを選択するかにかかっています。 この選択をする際に攻略のカギとなるのが 「ベーシックストラテジー」 です。

ブラックジャックの基本ルール

最初に配られる2枚の合計値が9、10、11のいずれかであればフリーダブル が出来ます。(それ以外の点数の場合でも通常のダブルダウンはできる)。 また一般的なブラックジャックのルールと同じですが、ダブル後は追加でもう1枚のカードを引いて強制スタンドになります。 ダブル後に何度もヒットできない のがルールですね。 フリースプリットは10 10を除く(10 J、J Kなども) 同一カード2枚が来たら、追加ベット無しでスプリット(ハンド分割)が出来る ようになるルールを採用しています。 下図は左のハンドは16点、右のハンドは21点となりました。通常追加したハンドの方にも追加でチップを置かないといけませんが、 フリースプリットの場合は追加チップが不要なのでプレイヤーにとっても嬉しい 事です。

ブラックジャックとは

ルーレット カジノの女王と呼ばれ、年以上の歴史を持つもっとも古いカジノゲームの一つ。 ブラックジャック カジノで最も設置台数が多く、奥の深いゲーム性で世界から愛されるカードゲーム。

使用する代表的な道具

ゲームの参加者が全員チップをベットし終ると、全員にカードが表向きに2枚配られます。(ただし、ディーラーだけは2枚のうち1枚が裏向きになっています) プレイヤーは、ディーラーの表向きの数字からディーラーの合計を予想し、その上で配られた自分のカードの合計と比べてさらにカードを貰うのかまたはやめるのかを判断します。 参加しているプレイヤー全員の手(合計値)が確定した段階で、ディーラーは2枚のうちの伏せてあるカードを表に向け、自分の手を披露します。 その際出来る限り公平になるようにする為に、ディーラーは。 ですが、上述のルールをただ単に聞いただけでは、 「どうしてこのようなルールが必要なのか?」 と、その理由が思い当たらない方もいると思います。 とはいえ、使われたすべてのカードを記憶しながらプレイすることは非常に難しいので、何かに記録しながらプレイできる環境が望ましいと言えます。 しかしながら、本場のカジノにスマホ等記録媒体を持ち込むことは不可能である為、カードカウンティングは オンラインカジノだからこそ非常に使い勝手の良い方法 といえるのです。

ブラックジャックの基本情報

こんにちは!Casimo編集部の笠原豪です! 今回は ベラジョンカジノで遊べるブラックジャック について解説していきます。 さらに Casimo編集部で厳選したオンラインカジノランキング では堂々の第1位 です。 おすすめのブラックジャックは 「Relax Blackjack 」 で、とてもシンプルなレイアウトなのでスマホでプレイする人はぜひ遊んでみてください! この記事では「 ベラジョンカジノで遊べるブラックジャック 」「 おすすめゲーム 」「 ライブカジノ・テーブルゲーム数やベットリミット 」などについて幅広く解説していきます。

カジノの特徴ブラックジャックの遊び方 758816

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

それは ディーラーに「強い」「弱い」という概念は無い。 ということです。 なんて言っているうちは、 ブラックジャックのルールすら理解できていない。 という恥ずかしい状況なのです。 プレイヤーはディーラーのアップカードからディーラーの最終的なハンドを 予想してヒット、ステイを選択して最終的な自分の手(ハンド)を作ります。 プレイヤーはバストしない限り何回でもヒットできます。 プレイヤー全員が順番にハンドを作り終えたら ディーラーはホウルカードをオープンしてディーラー自身のルールに従い 最終的なハンドを作り、各プレイヤーのハンドと比較して精算を行います。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*