日本のカジノ有力候補地はココ!各都道府県のIR誘致状況まとめ【2020年6月最新版】

比較北海道のカジノ 183428

いよいよ日本のカジノ解禁が近づく中、一体「 どこにカジノができるのか 」が気になっている方も多いのではないでしょうか。 ここではカジノ誘致に名乗りを上げている自治体や期待されている自治体など、注目の有力候補地の最新情報をお届けします。

誘致レース(792)北海道=経済4団体がIR宣伝&緊急宣言~賛否両陣営知事道民アピール

誘致レース()苫小牧市=市 IR候補地の環境, 生態系の影響調査~道の方針決定後。 そのためには、「北海道らしさを最大限活用しつつ、国内外のあらゆる層に継続的に魅力を発信できる施設であること」「関係者の連携や実効的な送客システムにより、滞在と送客の両立が図られること」「複合的な経済効果が道内企業に及ぶこと」「グローバル人材の育成や通年型雇用による定住人口の拡大につながること」「IRの導入が産業技術や交通のイノ ベーションにつながること」により、「プラス面を最大化すること」が極めて重要であると考える。

比較北海道のカジノ 752170

北海道へのカジノ誘致に改めて反対する会長声明

これまでの当別町の動きとしては、すでにいくつかのIR事業者と接触し、海外の業者2社が関心を示しており、札幌市と隣接する当別町南部などを中心に調査をスタート。 都市部に近く、北海道の魅力のひとつでもある自然も豊かな地域を筆頭に検討しています。 カジノを含む統合型リゾート(IR)設置をめぐり、6月末札幌と隣接する当別町が新たに誘致表明を検討していることが分かりました。 政府の方針として、カジノを含む統合型リゾート(IR)の設置数は全国に3ヶ所まで認めるとされる中、北海道内での設置は有力という見方もあり、道内でも人気のある観光地「札幌」に隣接する当別町の動きは、今後も注目が集まることでしょう。 現在北海道内では、釧路、留寿都、苫小牧の3市村が誘致表明済みであり、当別町が誘致表明に乗り出せば、4ヶ所目となります。 これまでの当別町の動きとしては、すでにいくつかのIR事業者と接触し、海外の業者2社が関心を示しており、札幌市と隣接する当別町南部などを中心に調査をスタート。 都市部に近く、北海道の魅力のひとつでもある自然も豊かな地域を筆頭に検討しています。 また、現在建設中の新千歳空港と石狩湾新港をつなぐ道央圏連絡道路(国道号)が開通すれば、当別町から新千歳までのアクセスも向上するため、追い風となることでしょう。 このように当別町は同道内3市村と比べた場合、北海道人口の3分の1以上を占める道内最大の都市であり、観光客も常に集まる札幌市と隣接している恵まれた環境は、他の道内候補地にはない有利な点であると言えます。 ただし、一方で地元経済団体などの同町内での動きが鈍いことを懸念しており、正式にカジノ誘致に乗り出す場合は、札幌市の協力も仰ぎ、「札幌圏をアピールできればチャンスはあるのではないか。ただ、IRの性質上、地元の理解をきちんと得たい」といった意見が出ています。 今後もますます注目を集める誘致レース。 カジノに興味のある方にとっても、そうでない方にとっても、目を離せない状況が続きます。 カジノ法案とは? CHECK まずはここから。カジノ法案の基礎知識から現在の状況までまとめてチェック! カジノ法案のメリット IR・カジノができることによる経済効果などのメリットを詳しく解説します。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*