2020年のドル円相場見通し

大勝利ユーロからドル 479247

為替市場は、その国に直接・間接かかわりのあるすべての事象を反映して変動している。直接日本に関わりのない、例えばヨーロッパの政治動向等も日本とヨーロッパの関係を間接的には変える可能性があり、ユーロ/円市場にも、何らかの変化をもたらす可能性がある訳だ。例えば、イギリスのEU離脱は年6月23日の国民投票で決まったのだが、その後イギリスポンド/日本円レートがポンド安に推移しただけではなくユーロ/円も一時ユーロ安に展開している。 ドル/円についてはドナルド・トランプ新大統領の選挙勝利を受けて、しばらくはドル高に推移した。年10月の月間の平均レートは1ドル。

ドル円続落 一時108円割れ : 6/9午前

昨年のドル円は1年間の値幅がわずか7円64銭に留まりました。これは、年にドル円が変動相場制に移行して以来の最低値幅ですが、昨年はユーロドルもpipsのレンジに留まり、年にユーロがスタートして以来の最低値幅です。どちらも過去に例を見ないほど安定した一年となりましたが、ドル円に関して言えば直近5年のうちでそれなりに動いたと言えるのは年のみで残りの4年は10円程度と基本的に低変動率の年が続いています。 昨年も決して材料が無かったわけではありませんし、ましてや過去5年間で動く材料があったのが年のみだったということはありません。それでもドル円は動きが鈍い通貨ペアになってしまっていることにはいくつかの理由が考えられます。 ひとつは、本邦個人投資家のうち比較的大口で取引をする投資家が逆張りでの取引を好むことです。これは一般にリピート系と言われる取引手法が流行していることからも想像がつきますが、レンジ内の動きを想定するのであれば買い下がって上がったところを売り、売りあがって下がったところを買い、としていれば着実に収益が積みあがります。 ただ、この手法はトレンドが出てしまうと含み損が増え、最後に強制決済となるリスクがあるだけに、放置しておけばよいというものではありません。おそらく読者の方の中にもこうしたリピート系の取引を行っている方もいらっしゃると思いますので、最初に注意喚起も兼ねて書かせていただきました。 また別の理由としてAIトレードの影響もあると考えています。一例として、昨年良く見られたパターンですが、週末にリスクオフの材料が出て週明け早朝相場は円高に動くものの、東京後場には行って来いとなり海外市場では逆にリスクオンで動くといった動きです。これは、冷静に考えるとニュースに反したが動きです。 こうした動きは、低変動率のドル円の場合、ニュースで下げたところ、おそらくはその下げ幅の率もアルゴリズムが決定していると思いますが、逆張りのドル買いで入りその後も買い上がる、そして短期筋が損切りで踏み上げたところでアルゴリズムは利食いに動く、そのようにしか思えない相場を何度も見てきました。

ユーロの「快進撃」続けば、ドル110円視野に=今週の外為市場

1 SOS. SOS X. ERA EL ALAMEIN 2 13 2 1 2 3 4. 3D - I RS 10 1 2 4 5 6 II 7 8 9 10 11 12 4 2 6 1 5 3 2 No.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*