「FACEBOOK PAY」ローンチ、個人間決済や募金集めがカンタンに

カード決済フェイスブックゲーム 269131

企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら。

InstagramやWhatsApp連携も計画。仮想通貨リブラとは無関係

Facebookは11月12日、新たな決済サービス「Facebook Pay」をローンチしたと発表した。同社SNSで利用可能な募金集めやゲーム内課金、個人間の支払いなどに使うことができる。 Facebookは11月12日、決済サービス「Facebook Pay」がFacebookとMessengerで今週から米国で利用可能になると発表した。Facebookでの募金集め、ゲーム内課金、イベントチケットや、Mesengerを使った個人間の支払い、Facebook Marketplaceの厳選されたFacebookページや事業者からの買い物に使うことができる。また、Instagram、WhatsAppでも今後利用可能になる予定だ。 利用の際には、FacebookのアプリかウェブサイトでFacebook Payの設定を行い、クレジットカードやデビットカード、PayPalなど、好きな支払い方法を設定する(この設定はWhatsAppとInstagramのアプリで直接設定可能になる予定)。支払い履歴や支払い方法の管理、各種接点はひとつの画面でチェックすることができる。 カード番号や銀行口座などの情報は暗号化されているが、ユーザーがPIN(Personal Identification Number)を追加したり、自分のデバイスの生体認証を使って、セキュリティを強化することができる。 ホーム ニュース 記事 連載一覧 執筆者一覧。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*