国内初、ベトナム人も入場可のカジノがフーコック島で開業

アジアのカジノがフーコック 479529

フロントでチェックインしていると、マンゴージュースを出してくれました。パスポートはフロントでチェックアウトまで預かってくれるみたいです。 私たちの部屋はレストランの上の階でした。エレベーターがないので、スーツケースをスタッフの方が運んでくれます。 カードキーで部屋を開けようとしますが、なかなか開きません。何度しても無理だったので、鍵をとりに行かれて、やっと部屋のなかに入れました。

フォートラベル公式LINE@

resocasi さんのツイート。 コメント( 33)。

フーコック島(Phu Quoc Island)で何ができる?

現在、ベトナムには、9つのディーラーカジノを備える統合型リゾートが稼働中。 ほとんどが小型施設であるが、東南部のバリア=ブンタウ省のThe Ho Tram Strip、キエンザン省フーコック島のCorona Resort and Casinoは大型IR。 なお、ホテル内設置の電子ゲームパーラーは、約20ヵ所に存在する。 ベトナムでは、ローカル(内国人)のカジノ入場を禁止。 年3月のカジノ法令(政府が指定する施設にて、要件を充足する国民のみが入場可)の施行後、年1月に開業したCorona Resort and Casinoのみローカルが入場可能なカジノ施設を有する。 アジア太平洋地区において、営業停止中の施設は、韓国のカンウォンランド(唯一の自国民の入場可能な施設)および外国人専用施設、カンボジア、ベトナム、フィリピン・マニラ首都圏、マレーシアのResorts World Genting(唯一のカジノ施設)、オーストラリア・ニュージーランド全施設など。 施設開発者は、Phu Quoc Tourism Investment and Development社。資本の半分は、ベトナム最大のコングロマリットであるVingroupが所有。 カジノ部門のマネジメントサービスは、オランダのUpffinity Gamingが担当。カジノ部門のデザインは、Steelman Partners。

韓国 - 済州島(チェジュ)

昨年1月にオープンしたコロナリゾート アンド カジノは、タツノオトシゴのような形をし、真珠と胡椒で有名な、ベトナムの西海岸にある美しいターコイズブルーの海に囲まれた㎢の島、フーコ ック島のホスピタリティブームの一部となっている。ベトナムの政府は、投資家向けの税制および土地賃料優遇措置、政策変更、拡張に乗り出した新国際空港などのインフラの改善をもって、フーコ ック島での開発を推し進めてきた。現地および世界的な高級ホテルブランドがその市場に流れ込み、フーコックの小規模リゾートやバックパッカー用の宿を補完している。 コロナは特に2つの政策変更から恩恵を受けている。年、政府は30日以内の滞在の外国人に対してフーコック島へのビザ免除入国 ただしベトナムの残りの地域はビザが必要 を開始した 同年、フーコックはベトナムの国営電力系統に接続された 。年1月、政府は規制を緩和し、ベトナム人の指定カジノでのプレイを許可した。 豊富な資金とギャンブル性向を持つ巨大な人口ベースは、あらゆるカジノ事業者にとって幸せな日々を意味する。しかし、今後 実験プログラム以降)開業までこぎつけられるのか?」と語る。 ホートラムでベトナム初のビーチフロントカジノを運営した経験を持つマクカムリー氏はこう分析する。「時間が経てばわかるが、個人的な感じでは、すぐに起こることはない。ギャンブルはまだ政治局の一部の上級職員の中では大きく意見が分かれる話題だ」。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*