アングル:現代版オーシャンズ11か、袋小路のバングラ中銀盗難

法案オーシャンズ11カジノ 289759

利用規約 ご利用ガイド サービス&サポート 店舗情報 法人窓口 お問い合わせ。

IR*ゲーミング学会

スマートフォンでの視聴は標準画質までです。 詳細はこちら 視聴期間は2日間です。 購入後30日以内に視聴を開始してください。 ラスベガスを舞台に、アカデミー賞 R 受賞監督のスティーブン・ソダーバーグと超豪華スター競演で贈るサスペンス・アクション。ジョージ・クルーニー演じるダニー・オーシャンは、腕利きだがクセのある仲間たちを率い、3つのカジノを同時に襲撃するという途方もない計画を実行に移す。標的はカジノのオーナーであり、ダニーの元妻 ジュリア・ロバーツ と付き合っているベネディクト アンディ・ガルシア 。ラスティー ブラッド・ピット 、ライナス マット・デイモン 、フランク バーニー・マック 、ソール カール・ライナー 他、役者は揃った。のるかそるか、史上最大の作戦が始まる。 お試し視聴する 高画質 円。 標準画質 円。 オーシャンズ11 お試しあり ラスベガスを舞台に、アカデミー賞 R 受賞監督のスティーブン・ソダーバーグと超豪華スター競演で贈るサスペンス・アクション。ジョージ・クルーニー演じるダニー・オーシャンは、腕利きだがクセのある仲間たちを率い、3つのカジノを同時に襲撃するという途方もない計画を実行に移す。標的はカジノのオーナーであり、ダニーの元妻 ジュリア・ロバーツ と付き合っているベネディクト アンディ・ガルシア 。ラスティー ブラッド・ピット 、ライナス マット・デイモン 、フランク バーニー・マック 、ソール カール・ライナー 他、役者は揃った。のるかそるか、史上最大の作戦が始まる。

新生“オーシャンズ”

カジノ法案が話題になりましたが、否定的な声も数多く上がっていました。曰く、既存のギャンブル市場を脅かさないか。はたまた、ギャンブル中毒者を生み出さないか。  カジノビジネスは大きく変わってきています。ラスベガスやシンガポールに象徴されますが、いわゆるギャンブルの収入は半分もありません。それよりもファミリーでショーを見てもらったり、ショッピングをしてもらったり、ビジネスカンファレンス会場として利用してもらうなど、カジノのみならず、総合エンタテインメントの場としてトータルで大きな収入を目指しているのです。  ギャンブルも、全体の約2割でしかない富裕層が、約8割のお金を落としているといわれています。一般人がカジノに入り浸る、という雰囲気ではないのです。それを危険視するのなら、観光客以外の日本人からは高額の入場料を徴収する方法もあります。  もとより世界の最先端のカジノ産業は、複雑なオペレーションが極めて精緻なノウハウで運営されている。ハイテクもふんだんに取り入れられた大装置産業です。まさに映画『オーシャンズ11』の世界なのです。  お金の管理は極めて厳重かつ透明であり、そこに怪しい要素が入り込む余地は小さい。出入り業者も三代にわたって犯罪歴を調べられるともいわれています。そこまで厳しくコントロールし、成り立っているのが、今のカジノビジネスなのです。 もちろん、ラスベガスやシンガポールのような洗練された場になるかどうかは、やってみなければわからない。しかし日本には、B級的だったものをA級のビジネスに仕立て上げた前例がある。東京ディズニーリゾートです。既存の遊園地とはまったく違う次元の新しい場所をつくり上げてしまった。カジノビジネスも、A級に仕立て上げる素地はあると思います。  しかし、だからこそ重要になるのが、「誰がやるか」です。洗練されたノウハウを持っているのは外資。日本の利益を外資に渡すのか、などと考えるのは無意味。カジノができる場所は、日本なのです。  GDPはお金が使われるところで増える。雇用も納税も発生します。どこで行われるかが重要です。理想のカジノにするためにも、「誰がやるか」をこそシビアに見ていくべきでしょう。  カジノに関しては、基本は海外のお金持ちを主要顧客にし、ラスベガスやシンガポールのような洗練されたモデルを目指すべきです。もし、そのコンセプトが崩れそうになってしまうなら、思い切って閉鎖する覚悟が必要です。そうでなければ、ギャンブル中毒者を生み出しかねません。  こういう前提で取り組めば、既存のギャンブルへの影響は小さいでしょう。ユーザー層も遊ぶ場所も異なるから。既存のギャンブル市場は、カジノとは関係なく縮小傾向にある、ということに気づいておく必要があります。

法案オーシャンズ11カジノ 951598

■心身ともにリラックス! 高級スパで長旅の疲れを癒やす

アメリカ・ネバダ州にあるラスベガス。皆さんはこの街にどんなイメージを持っていますか? やはりカジノという印象が強いのではないでしょうか。かく言う私も年公開映画『カジノ』や年公開映画『オーシャンズ11』が大好きなので、やはりラスベガス=カジノの街というイメージがありました。 しかし、ラスベガスはそれだけではありません! 年々豪華になる人気アーティストのエンターテイメントショーやセレブリティシェフを誘致したハイレベルなレストラン、そして世界遺産のグランドキャニオンやアンテロープキャニオンの大自然など、カジノ以外にも楽しめるコンテンツが盛りだくさんです。 そこで今回は ラスベガス観光局 のご協力のもと、究極のエンターテイメントシティ・ラスベガスにちょっと贅沢トリップしてきました。第1弾の今回は話題のホテル編、 第2弾ではマライア・キャリーやシルク・ドゥ・ソレイユのエンタメ編 、 第3弾ではレストラン編 をお届けします。 現在、日本からラスベガスへは直行便がなく、東京からシアトル経由で約11時間半かけてラスベガス・マッカラン国際空港に到着しました。まずは空港から車で約10分のところにあるラスベガスの名物看板の「Las Vegas Sign(ラスベガスサイン)」に立ち寄り。ラスベガス大通りの中央分離帯に設置されているこの観光スポットには、この日も多くの観光客が撮影の列をなしていました。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*