新入社員はいつからボーナスを貰えるのか|初年度に貰える条件と平均支給額についてもご紹介

はじめ方ボーナス条件 850497

自分の市場価値を高めていけば、給料は3割アップする。 「超売り手市場」の就活市場の中で、日本の労使の関係は少しずつ変わりつつあります。年功序列型の賃金体系を取り入れる会社は減り、グローバル化も進んでいます。 そんな中、働く人々の「会社の選び方」や、選ばれる会社になるように経営者がするべき方策を前述のeBookで探ってみてください。

合わせて読みたい関連記事

一般的に、非製造業に比べて支給されるボーナスの額は高めとなっています。 東証第1部上場企業の年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査 によると、東証一部上場企業のボーナス平均は非製造業が61万6,円に対して、製造業は74万1,円でした。より細かい業界ごとに見ていくと、自動車・造船メーカーが高水準をキープしている一方、オリンピックに向けて人手がほしい建設業などでボーナス面での待遇が上がっているようです。 あの会社のボーナスは? 冬・日経調査 によると、不動産業界ではトーセイ 3位 やジオスター(27位)等が支給額の上位に入っています。不動産業の営業職の場合給料は実績に依る部分が大きく、ボーナスで支払われる額が、月給の2倍程度であることを考慮すると、ボーナスの金額自体にもかなりの個人差が現れるようです。 そんな時は、 自己分析ツール「My analytics」 を活用して、自己分析をやり直しておきましょう。

転職時にボーナス(賞与)をもらい損ねないようにするには?

賞与は会社ごとに規定が異なるため、規定を新たに定める際や規定を変更する際、賞与の査定期間や査定方法をどのように定めれば良いか頭を抱える人事担当の方もいらっしゃることでしょう。また、会社の就業規則が紙で配布されていない場合、従業員は「自分の会社の賞与の対象期間はいつなのだろう」「ボーナスの査定方法は何が基準なのだろう」という疑問を抱いているかもしれません。今回は一般的な賞与の査定期間と査定方法についてご紹介します。 この文章を読むことで、賞与査定の方法や、社員が本当に賞与について満足しているかどうかを調べる方法を理解することができます。 賞与の算定期間や方法について、社員が本当に満足しているかどうか気になっている人事の方は、ぜひ、最後まで読んでいってくださいね。

こちらの記事も読まれています

損をしない「ボーナス転職」は がポイント! 下記ではポイントの内容を詳しく紹介します。 中小企業などで経営者の判断によってボーナス支給額が決められる場合には、支給日前に退職の意思表示をすることで支給額が少なくなる場合があります (ただし、きちんとした賞与支給ルールがある場合はこの限りではありません)。 ボーナス転職を考える方にとって、現職でボーナスを受け取り、さらに転職先での初ボーナスも多くゲットしたいというのが本心でしょう。 その場合、転職先の賞与算定期間も計算に入れて転職タイミングを計る必要があります。 取材協力/  谷所健一郎(やどころけんいちろう)さん 有限会社キャリアドメイン 代表取締役 日本キャリア開発協会正会員。キャリア・デベロップメント・アドバイザー(CDA)。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*