ラスベガスでカジノ再開 全米最悪の失業率の回復なるか

カジノを打ち負か南アメリカスロット 933001

パチスロ とは、「 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律 」の適用を受ける 第4号営業 店( パチンコ 店等)に設置される スロットマシン に似た遊技機のことである。「 パチンコ型スロットマシン 」の略称。法律上は「 回胴式遊技機 」と称するが、業界としての正式名称は「オリンピアマシン」とすることが年4月に決定している [1] 。第4号営業店で稼働するパチスロは、 保安通信協会 (保通協)によって行われる型式試験に適合している必要がある。

日本のスロットの機械割

マンハッタン ポートオーソリティから出ているバス。朝7時半から夜の1時半まで、30分刻みに運行。カジノがある大きなホテルの前に停まります。平日の乗客はシニア層の夫婦、あるいはひとりギャンブルの老婦人など。 世界最大規模51階建「トランプ・タージマハル・カジノリゾートホテル( Trump Taj Mahal Casino Resort )」に予約済。ドナルド・トランプの趣味の悪さ(成金趣味のゴールド好き)は、ここも予想を裏切りません(苦笑)。アトランティックシティって、雰囲気が「熱海」と似ています。 アトランティックシティで人気がある、シーザース・ホテル( Ceasers Atlantic City )。トランプよりはマシな程度。スロットマシンは、ドルを吸い込むばかりで、勝たせてくれる様子がなくつまらない〜。あたりを見回しても、勝ち運に恵まれている人は見当たらず。

スロットの機械割とは?

ラスベガスの基礎情報の第6弾はスロットマシンと テーブルゲーム のお話です。ここでは、詳しい遊び方というよりは、スロットマシンや テーブルゲーム とはどういうものか概要をお伝えできればと思います。 ラスベガスの空港に到着すると、空港内のスロットマシンが出迎えてくれ、これぞラスベガスという雰囲気を感じます(実際は帰国客の余ったドルを根こそぎ回収するためにほかなりませんが)。各ホテルのカジノにも、例外なくおびただしい数のスロットマシンが置かれていることは、 前にも書きました 。カジノ側の収入のうち、スロットマシンからの収入は増える傾向にあるようです。それは、一度設置してしまえば、 テーブルゲーム と違って、ディーラーを置く必要がなく、人件費を節約することが出来るからです。カジノ側にとって、スロットマシンは自働集金機の役割を果たしているものなのです(正確に言うと、スロットマシンの売り上げの全てがカジノの収益になるわけではありません。後述のメガバックス等は各ホテルのカジノが運営しているものではなく、独立した別の会社が運営しているもので、ホテルはただ場所を貸しているだけです)。 最低賭け金額(ミニマムベット)は台によって異なり、1セントのものから、5ドルくらいのものまであります(もちろん、ハイリミットエリアにはもっとスゴいのもありますが…)。大当りが期待出来るのは、1回あたりの最大金額を賭けるいわゆるMAXベットした場合だけであり、1枚賭けただけではが揃っても、たいした配当は得られません。スロットマシンの配当率は、概ねパーセント前後に設定されているそうですが、この配当率は、MAXベットすることを前提としているのです。従って、1枚賭けするのは、わざわざ自分から極めて不利な配当率を設定するようなものなので、 スロットマシンには、必ずMAXベットするようにすべき です。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*