ギャンブルするなら知っておくべき! ハウスエッジについて

ハウスエッジグランカジノ 332563

ギャンブルに縁のない人でも、「ブラックジャック」というゲームの名前を知っている人は多いでしょう。トランプで遊ぶのが好きな人でしたら、それがどんなゲームか知っているかもしれませんね。それほどにブラックジャックは、ギャンブルゲームである以前に純粋なカードゲームとして人々の間に浸透しています。 ほとんど誰もが知っているこのゲームの歴史からひもといていきましょう。

COMUNICARSE

クラップス は、ドント・パス、もしくはパス・ライン以外に賭けるのは、べらぼうにハウスエッジが高いのでやめましょう。勘が働いた時にだけ、運試しに他の場所にも賭ける、くらいがベストです。 ルーレット は、初心者でもプレイしやすいゲームですよね。でも、個人的にはルーレットは楽しむためにするもの、と思ってます。ハウスエッジもさることながら、特にランドカジノなら、腕のいいディーラーは狙った数字に近いところにボールを落とせると思います。( 昔はズバリ狙えるディーラーがたくさんいた そう)。

ハウスエッジとペイアウト率

スロットやビデオポーカーなどのマシンゲームで出現するシンボルや絵柄を決定するのに用いられる、ランダムに番号を抽選するシステム。「Random Number Generator」の略称。 ブラックジャックで、ディーラーのアップカードが「A」の時、ブラックジャック役が完成しているプレイヤーに対して発生するオプション。イーブンマネーを選択すればその時点で同額の配当が先付される。 配当「1 to 1」。 マ行 マーカー(Marker) マーク(印)をするための道具。 ゲームによって様々なマーカーがある。ルーレットでは当選番号を示すため、バカラでは勝敗を示すために用いる。 マーキング(Marking) 自分だけが分かる傷や印をカードにつけることで、伏せられたカードでもその中身を知ることができるチーティングの一種。 マーチンゲール法(Martingale System) BETシステムの一つで、賭け金を失った直後、次回のゲームで賭け金を倍にして前回の負け分も取り返そうとする賭け方。 マキシマム・ベット(Maximum Bet) テーブルリミットの上限。 1ゲームにおける賭け金の最高限度額。 マッキング(Mucking) チップを拾い集める技法。 ルーレットなどで散乱したチップを色分けしながら拾い集める。 その人を「マッカー」と呼ぶ。 マルチハンド(Multi Hand) ブラックジャックなどで、1人のプレイヤーが複数のボックスを使ってプレイすること。 マルチハンドではミニマムBET額が変わる。 マルチプライヤーMultiplier) スロットに使われるボーナスシステムで、勝つたびに増える倍額ボーナスのこと。 ミディ・バカラ(MIDI Baccarat) ハイローラー向けのコミッション式バカラ。 ミニ・バカラ(Mini Baccarat) アメリカンバカラとも呼ばれ、少額スタイルのバカラ。コミッションが積み立てで後払いであるのが特徴。(コミッションダウン) ミニマム・ベット(Minimum Bet) テーブルリミットの下限。 1ゲームにおける賭け金の最低必要額。

カジノウォーのハウスエッジ: 控除率

オンラインカジノはハウスエッジと呼ばれる手数料があるので、必勝法というのも存在しません。 オンラインカジノで勝つことができない理由としては、このハウスエッジと技術が必要なゲームが存在しないためです。 技術が必要ないということは初心者であってもベテランと同じように遊ぶことができるという利点がある一方、慣れてきてもそれによって勝つことができないという欠点があります。 バカラなどのゲームではタイを除いたとして選択肢はふたつしかありませんが、ベテランだからといって次にどちらが勝つのかということを高確率で当てることはできません。 次に出るカードの数字を予測するということは不可能ですから、勝つ確率というのは初心者でもベテランでも2分の1ということになります。 しかし、二回に一回しか勝つことができないにもかかわらず、バカラの場合バンカーに賭けて勝った時には5パーセントの手数料が取られてしまうわけですから勝ったり負けたりを繰り返していても手数料の分だけ負けてしまうため、必勝法は無いということになるのです。 HOME 関連コラム 用語集。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*