ラスベガス・サンズが日本での大規模IR開発の費用を吸収できる好位置に:フィッチ

投資サンズコタイカジノ 43455

マカオ最大の屋内ショッピングモール・サンズショッパーズ(Sands Shoppers Macao)には、実に店を超える免税店が入居しています。時計や宝飾品も目立ちますが、主役はファッションブランドでしょう。

コタイ・ストリップ開発を主導するラスベガス・サンズ社

サンズチャイナはコタイ地区で「ザ・ヴェネチアン」、「ザ・パリジャン」というヨーロッパの人気観光都市をテーマにした大型IRを運営している。今回、ロンドンをテーマとしたことについて、サンズチャイナ社のウィルフレッド・ウォン社長は、マカオにおける同業間の競争が激しい中、キャッチーな建物は昨今のセルフィー時代に合っており、ヨーロッパの都市をテーマにした既存の2つのIRにおいて顧客獲得の大きなアドバンテージになったとし、知名度と人気が高くイメージもしやすいロンドンを選んだと述べた。ロンドンらしいダブルデッカーバスやロンドンタクシー、電話ボックスなど、ロンドンに来たかのような気分になれるよう、ディテールにもこだわって施設を作り上げていくとのこと。 「ザ・ロンドナー・マカオ」発表会に登壇したデビッド・ベッカム氏=年5月8日、マカオ-本紙撮影。 Tweets by MacauShimbun。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

ラスベガス・サンズ (本社:米国ネバダ州ラスベガス)は、大阪でのIR(統合型リゾート)開発の機会は追求せず、東京と横浜を焦点とすることを明らかにした。

Navigation

この評価によってフィッチはLVSとその子会社の長期発行体デフォルト格付 Long-Term Issuer Default Ratings を「BBB-」とし、LVSとサンズ・チャイナが保有する担保付シニア債にも同じ格付がされている。 同社はすでに既存のアジアIRでの55億米ドル(約5,億円)の設備投資に乗り出しているにも関わらず、フィッチはLVSに信頼を置いている。設備投資の内訳はサンズコタイセントラルをザ ロンドナー マカオに変化させるための22億米ドル、そしてシンガポールのマリーナベイ・サンズの拡張のための33億米ドルとなっている。 ベン・ブラシュクは以前オーストラリアのシドニーでスポーツジャーナリストをしており、年初頭からはInside Asian Gamingで編集長を務めている。IAGの全ての記事への重要な貢献者であるだけでなく、年4月のIAG Breakfast Briefingの展開・立ち上げ、そして監督においてリーダー的役割を務めた。 購読 雑誌 IAGとは お問い合わせ 広告。 中文 English。

マカオの新IR「ザ・ロンドナー」〜21年にかけ順次オープン…米サンズ系=約億円投じ既存施設をリノベ | マカオ新聞 - 澳門新聞 - The Macau Shimbun

10 joker millions. 4 joker millions No1 No1 3 20 5,, BIG BONUS1 BIG BONUS2 BIG BONUS3 90 450 11 1 3 d Depositphotos MINIMAJOR 71 Hall 11 WEB. NEW. BeGambleAware .Begambleaware org .

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*