ハノイのカジノMACAU CLUBに潜入調査!徹底的に取材してみた!

ジャックポット情報ベトナムカジノ 318036

またシェラトンのパラッゾクラブやダナンにあるクラブ99などをはじめとした世界最大規模のカジノ企業が運営する外資系カジノもたくさん存在しています。 ベトナムのカジノは外国人専用の規則があり、国民の利用は禁止されているため入店時に国籍確認を行うためにパスポートの提示が求められます。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

旧市街中心部から西へ車で約10分のところに位置する「プルマン ハノイ ホテル(旧 ハノイホライゾンホテル 」は、カジノが併設されたデラックスホテルです。年12月にリノベーションを終え、スタイリッシュに生まれ変わりました。全室インターネットWifi無料の他、冷蔵庫の飲み物も無料となっています。ハノイホライゾンホテル時代はホテル内からカジノに入場できましたが、現在はホテル外の駐車場からの出入口を利用するようになりました。 オペラハウスの中心に位置するモーヴェンピック ホテルハノイは、立地もよく、モダンなデラックスホテルです。観光やショッピングに便利な好ロケーションで、すぐ近くに日系企業が多く集まるエリアがあり、ビジネス利用する日本人も多いです。 このホテル内にあるカジノが「ウィンズクラブ」です。ハノイにある他のカジノに比べると小規模で、10畳ぐらいのスペースにスロットなどのゲーミングマシンが並んでおり、24時間営業で楽しめます。 シェラトンサイゴンホテル&タワーズは、ドンコイ地区中心に建つ好立地で、ホーチミンを代表する五ツ星ホテルです。このシェラトンサイゴンホテル&タワーズにあるカジノが、ホーチミン最大規模のカジノ「PLAZZO CLUB(パラッツォクラブ)」です。カジノは正面入って、右手の階段を上がったフロアにあり、バカラ4台、ブラックジャック2台、ルーレット2台、スロット30台等が楽しめます。シェラトン併設カジノのミニマムベットは20USドルと他と比較しても高めですが、ドリンクや朝食の無料サービスがあります。 ホーチミンのランドマーク的老舗ホテル「マジェスティック ホテル サイゴン」は、年に建てられた歴史あるホテルで、サイゴン川を臨んで建つフレンチコロニアル調の五ツ星ホテルです。ホテルの地下には、マジェスティッククラブというカジノが併設されています。スペース的には小規模ですが、ルーレット、ブラックジャック、バカラ、スロットやジャックポットが~翌朝まで楽しめます。ディーラーはいないため、すべてマシンゲームですが、ミニマムベットは50セントなので、安く楽しめます。 タンソンニャット国際空港から15分、市内中心部と空港のちょうど間に位置する「ラマナ ホテル サイゴン」は、カジノ併設の四つ星ホテルです。団体旅行などで利用する事が多く、ツアー客や韓国のビジネスマンも見かけます。カジノは2階にあり、フリードリンクのサービスがあります。カジノでプレイすればビールも無料で飲むこともできます。カジノは小規模でゲーム数も少なめで、ディーラーはいないため、すべてマシンゲームとなっています。

ベトナムカジノの特徴とマナー

カジノ内での両替の際に手数料を抑えたい人は『ホールドシステム』というものがあります。 手数料なしで一時的に換金してもらい、ゲームの終了後に全額返金するという両替システムです。 例として、為替レート1円=ドンなら、ホールドシステムで1万円をホールドすることによって万ドンを受け取ることができ、ゲームが終わった後にホールドしていた万ドンを返金すると元の1万円 日本円 に換金されるというものです。 引用元: hollywoodone。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*