風水で開運部屋!運気上昇する寝室の間取り・方角・カラーを解説

開運法まモバイル機器 364193

中国から日本に伝わってきた「風水」。 占いと同一視されることもありますが、風水は「方角」や「間取り」、そして「色」を重視する環境学の一つです。 今でも様々なノウハウが伝わっていますよね。

風水で開運部屋に!寝室の理想の間取り・方角・カラーは?

九星は、一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星の九種類。この星が順番に方位盤をまわります。 年2月4日~年2月3日は、七赤金星が年盤の真ん中「中宮」に入る年なので、この年に生まれた人は本命星が七赤金星になります。 九星の中で唯一、水のエネルギーを持つ一白水星。ラッキーアイテムは水になります。水槽などもパワーアイテムになりますが、置き場所を間違えてしまうと凶作用が出てしまうことがあるので、海や川、滝などの写真やイラストで代用すると良いでしょう。透き通ったガラス製品や流線型の装飾品は水をイメージするインテリアとなり、オススメです。 一白水星の方位である北側の風通しをよくして、いつもきれいにしておくようにしましょう。 年は北東に盛塩をすると、運気の波に乗りやすくなります。また、山や森林などをモチーフにしたファブリック類、和モダンなインテリアを取り入れることで、年の運気を後押ししてくれますよ。 土のエネルギーを持つ二黒土星のラッキーアイテムは、土そのも のはもちろんですが、山や石、土からできたものになります。ま た、どっしりした印象の重厚感あふれるものも土のイメージになり ます。ローテーブルや、レンガやテラコッタをアレンジしたインテ リアがラッキーアイテムになります。 二黒土星の方位である南西側の風通しをよくして、いつもきれいにしておくようにしましょう。 年は南に盛塩をすると、運気の波に乗りやすくなります。幾何学模様や個性的な形や柄を選んで、インテリアに取り入れるのもオススメ。 ラッキー方位は北西と南東。北西方位なら、2月、3月11月、12月、南東なら2月、3月、12月が月の運気と重なってよりよい方位になります。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

Abemaビデオ ダウンロード ffmpeg。 インク スケープ ダウンロード 方法。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*