カンボジア政府、オンラインギャンブル禁止へー中国系犯罪グループの温床根絶のため

月のオンラインミャンマカジノ 871759

カンボジア政府は今年の8月にオンラインギャンブルのライセンスについて、新規発行・更新を行わないことを決定した。既存のライセンスはそのまま有効だが、ライセンスの期間は1年間であるため、最長でも来年年の8月にはオンライン・ギャンブルがカンボジアで全面的に禁止されることとになる。  規制の発端となったのはカンボジアのリゾート地として知られるシアヌークビルで中国系カジノが行っているオンライン・ギャンブルが詐欺などの悪質な犯罪の温床になっており、カンボジア政府が対策にのりだした点があげられる。また中国政府が、中国からのオンラインギャンブリング経由の中国本土からの資金流出を止めたがったと言う話もあるという。シアヌークビルは最近になって急速にリゾート地化が進んだ沿岸地域で、特に中国資本による観光開発、カジノホテルの発展が著しいとされる。同地域の発展に中国資本は今や欠かせない状態であり、 中国政府側がオンラインカジノを停止しないとこれ以上投資しないという圧力をかけた事がカンボジア政府の重い腰を動かしたと言う見方もある 。

このクリエイターの人気記事

外国企業 誘致。 スイス連邦参事会(内閣)は6月7日、バーデン、ダボス、ルツェルン、プファフィコンにあるカジノの事業者ライセンスの範囲に関して、新たにオンラインカジノゲーム事業を運営できるよう拡大した旨の 声明 を出した。スイスのゲーム事業者によるカジノゲーム(ポーカー、ルーレット、ブラックジャック)のオンラインでの提供を認める年1月施行(条文の一部は7月1日施行予定)の賭博法に基づいて行った措置だ。提供予定のゲームについては、連邦ゲーム事業者監督委員会(CFJM)による承認を得られ次第、オンラインでの提供が可能となる。 スイスでも、ギャンブル中毒対策や各種賭博サービスの課税の要否、不正防止など公正性の確保が課題となってきた。年3月11日の国民投票で公共サービスとしての賭博の規制をめぐる憲法改正が可決されたことを受け、年に法案が起草され、年9月に 賭博法 として連邦議会で可決された。年6月10日、同法に対する国民投票が行われ、72。

月のオンラインミャンマカジノ 912477

カジノ規制改正の背景

ミャワディ ホテル 観光 レストラン 航空券 ショッピング 航空券+ホテル クルーズ レンタカー 掲示板 航空会社 今日のトピックス ブログ アワード ヘルプセンター。 Myawaddy Complex Casino ミャワディ。 COVIDに関する最新情報: 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、観光スポットが閉鎖または一部閉鎖となっている場合があります。 予約前に、政府が公開する渡航情報を確認してください。 詳細については、 こちらをご覧ください。

脱「コピー天国」に向けて 知的財産 最新情報(後編)

ゲーミング(カジノ)収益 1。 米国市場全体で4兆円ものゲーミング収益がありますが、新市場(下記、New Markets:フロリダ、カンザス、メイン、メリーランド、オハイオ、オクラホマ、ペンシルベニア)を除いた既存市場(下記、Legacy Markets)だけを見ると収益の伸びは鈍化しています。

解禁後初、オンラインカジノの営業を4事業者に認める

NL PI 1 2 2 Jr 1 2 3 4 5 2 3 B IKI 7. 20 WWII 1 3D BC 2 3 :. 1 SOS.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*