『モリーズ・ゲーム』男社会のルールに正面から挑むモリーが最高!戯曲『るつぼ』の意味とは?

増やしたい賭け方モリーズゲームカジノ 362748

以前、【 ポーカー好きのセレブ10人 】の記事を書いたときに少し触れましたが、実在の人物「モリー・ブルーム」という女性が違法高額掛け金のポーカールームを経営していたんですよ。

質問した人からのコメント

採点するには ログイン が必要です。 頭の回転が早くて意欲的な女性を演じさせたら一番のジェシカ・チャスティン。 絶対に負けたままではいないと思わせてくれる、何が起きるか楽しみにさせてくれる、そんな女優。 本当に現実?と思うような、顧客のメンバーやらお届け物のシーンとかあるけれど、でも現実なんだよね。 父親とのラストのシーンは泣けた。 厳しく育てられたから反抗的なのかと思ったら、他にも理由があって。 義理堅い人間に育ったのは、そんな父親が原因でもある。 自分の利益より人を優先する。 これだけ素晴らしいものを持っていれば他にも成し得たはずだけど、やっぱり義理堅いところが引っ掛かってくるのかな。 主人公に思い入れが強くなって、 悪いことが起こりませんように、 酷い目にあいませんようにと祈るように観ることがある この映画もそうだった モリーがこの弁護士さんと出逢えて、 検事2人の前で力説してくれたとき 何だか全て報われたような気がして涙が出た やっぱり根底にあるのは、父親との確執だったのかなと思うけれど 担当医としてのやり取りには、娘から少し距離を置いているイメージの父親が、 娘を痛めつけた奴を許さないと怒りに震えるのを観て ただ娘が可愛くて仕方が無いのに、伝えて来られなかったんだなと思った 『そうは見えなくても、ずっと同じ様に愛していたんだ』という台詞は本当にその通りなんだと思う 判決の大逆転にもすごく嬉しかった もともと才能豊かな上に強いモリーのことだ きっとこれからも大丈夫、と明るい気持ちで観終えることができた。

莫大な情報量と早口のセリフ、でも判り易いので大丈夫!

私設カジノは違法ですが ポーカールーム作るのは合法です お金も賭けれます ポーカールームはテーブルの使用料やお客からのチップで成り立っていて 1ゲームごとに手数料取るのは違法 1ゲームごとに手数料取れるのはカジノ 例えるなら日本で言うところの雀荘みたいな感じ お金? 賭けてないよ?賭けてても少額だよ?(雀荘) 手数料?

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*